So-net無料ブログ作成
お勧めの英語教材 ブログトップ

『英作文.net』と『You Can Speak』 [お勧めの英語教材]

バーピーです。

『英作文.net』での中学英語の復習が
終わりました[わーい(嬉しい顔)]

単文から始まり、分子構文、関係詞など....これが、自由自在に使いこなせたら
日常会話には不自由しないでしょうね!

『英作文.net』は、単語を選んで並び替えて答えるので、時間をかければできるでしょう。
でも、短時間で文を作らなければ意味がないのです。実際の会話では、ある程度の
テンポの速さが必要になるからです。

なんどもやれば覚えてしまうと言うこともあるかもしれませんが、ここでの学習は
『暗記』することではありません。その為に、何度も同じ構文を違う文章で
作る練習をしているのです。ただ単に構文を覚えただけでは、応用がききません。

テストでは、30問を25分で答えなければなりません。一問あたり1分をメドに
しないとダメです。復習するときでも、1分以内に答えるようにして、
できなければ回答を見た方がいいです。回答を見て、納得できればオッケーです。
何回も、発音して、また復習し直せば良いのです。


もっと発展させて勉強したいなら、『You Can Speak』がお勧めです。

中学英語が理解できてないと、きなり始めるのは難しいですが、『英作文.net』で
基礎ができていれば、問題ないと思います。

基本的な勉強の仕方は同じです。ただ、回答の英単語は表示されないので、
自分の頭に入っている英語の知識を引っ張り出してこないと答えられません。
すなわち,ヒントが与えられてないのです。

そして、制限時間内に答えなければなりません。
これを繰り返して練習すれば、英語がスラスラと口から出てくるのです。

日本語を英作すると言っても、日本語で考えている暇なんてないです。


まずは、『英作文.net』で基礎を固めて、『You Can Speak』で実力をつける。


『You Can Speak』→英語が話したいならYouCanSpeak

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

メディアで紹介されました!英文添削『アイディー』 [お勧めの英語教材]

バーピーです!

最近は、英作文ブームなのでしょうか?ネットで、英作文を添削してくれるサイトがあります。

英文添削『アイディー』というのですが、NHKのテレビなどでも紹介されています。


人気の秘密は、

【24時間添削】
世界各国の英語の専門家(通訳、翻訳家、英語講師)が、添削してくれるので
時差を利用して、いつでもスピーディーにサービスが受けられる。

【1回166円から】
本来の仕事のスキマ時間に添削してくれるので、安い値段で利用できる。
添削定期券を購入すれば、最安166円で添削してもらえる。

【誤字、文法の訂正だけではない】
日本人もいるので、日本語での質問もオッケー。
日本語と英語の両方書くと、日本語の意にそった英単語(表現)を教えてくれる。


今だけ無料ポイント!
登録ユーザー1000名突破を感謝して、100p=1200円をプレゼント中(5/31まで)

しかも、講師を指名することも可能だそうです。

初級レベルよりもある程度英語はできるけど、熟れた文が書けない、
英語らしい文を書きたいという人に向いている思います。


例えば、海外にいる友達に英語のメールを送りたいとか、
英語の日記を書いてみたい、大学受験の英作文対策など専門的な英語で
なければ幅広く利用できます。

英文添削『アイディー』公式サイトから登録できます!
 ⇩ ⇩ ⇩



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

『高松英語塾』英語学校と英語教材の良いとこ取り! [お勧めの英語教材]

パーピーです。

私は、日本とイギリスで英語の学校に行きました。

日本では、英会話の経験がないのにイキナリ英語で喋らされた経験があります。
名前と、年齢と、ごくごく簡単な自己紹介ができるくらいのレベルだったと思います。

文法が得意だったので、クラス分け試験をすると、
上のクラスに振り分けられます[ふらふら]

でも、ヒアリング、スピーキングはダメです!

私が好きだった宿題が、FENのミステリーを聞いて、サマリーを書くというのです。
だいたい殺人劇のワンパターンで、何回も聞いて、友達と電話で
情報交換しながらやりました。書くのは、割と得意な方でしたね[わーい(嬉しい顔)]

イギリスでは、一番上のクラスに入れられて、付いて行けなて
下のクラスに変えてもらいました。

同じレベル同士っといっても、日本人とヨーロッパ系、アラブ系では
ヒアリング、スピーキングのレベルが違うのです。

授業中に一番喋るのは、彼らで私たち大和撫子の出る幕はありません。
喋ろうと思っても、横合いから彼らが出しゃばってくるので
その勢いに負けてしまいます[ちっ(怒った顔)]


学校に通うなら、ある程度話せるか、少人数で教えてくれるところでないと
話す機会がないままに終わってしまうことになり、それでは悲しすぎます[もうやだ~(悲しい顔)]


英語の教材なら、自分にあったレベルのモノを選べるし、好きな時間で
誰にも気兼ねなしに勉強できるのが魅力だと思います。

ただ教えてくれる先生がいないので、分からないことは自分で解決しなければ
ならないのが欠点です。疑問や不安をサポートしてくれる人がいると
とても心強いです。


英語学校と教材のいい点を併せ持ったのが、『高松英語塾』ではないでしょうか!

☆高松先生という心強い助っ人がサポートしてくれる
☆シンプルな勉強法(インプット→アウトプット)
☆効率の良い学習法を教えてくれる
☆好きな時間に勉強できる

何と言っても、高松先生のサポートが魅力です[るんるん]

高松英語塾の公式サイトです→高松英語塾 1日30分。わずか40日間で英語が口から溢れ出す最新速習メソッド
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

リスニングパワー(Listening Power)音の違いが分かるようになる! [お勧めの英語教材]

バーピーです。

私は、音楽は苦手です[ふらふら]

音を聞いただけで、[るんるん]がスラスラ書けちゃう人ってスゴイです!
歌手の人は、耳が良いって言いますよね。
だから、英語の歌でもキレイに発音できるんですね!


生まれ持った才能もあるでしょうが、努力なくしては実りません。
音が聞き取れたとしても、練習しなければ歌は上達しません。


英語の音に関しても同じです。リスニングが得意な人もそうではない人もいます。
私は、残念ながら、そうではない派に属します。[もうやだ~(悲しい顔)]

そんな私でも、何回も聞いて発音してを繰り返しると、
段々と音の違いが分かるようになります。
最初は、頭で理解しようとするのですが、最終的には、体(耳)が
自然に音の違いを捉えて、脳に伝わっているようです。


聞く(受け身)だけではダメ、聞いた音を口から発するトレーニングが 英語を正しく発音して、聞き分けて、話す能力を育ててくれます。


その発音に焦点を当てたのが、『リスニングパワー』です。

スコット先生のメソッドは、日本人の弱点を改善できるように
作られているので、より効率的にムダがなくトレーニングできると思います。

沢山の英語のテープやDVDで自己流に勉強するよりは、
確実にリスニングの訓練になります。

『リスニングパワー』で音が聞き取れるようになったら、
英語のDVDや洋画に挑戦してみて下さい。


『リスニングパワー』の公式ページはこちらです!☞ 英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

You Can Speakと英作文.net. [お勧めの英語教材]

こんにちは、バーピーです!

英作文.net.で、今中学3年生レベルを復習しています。現在完了が登場しました!

個人的に現在完了形は好きなのです。というか便利なんですよね。
「I have been to the supermarket.」(スパーに行って来たよ。)
「Have you seen her today?」(今日、彼女見かけた?)

ってな感じで、日常会話でよく使うんですよね!


You Can Speak英作文.net.を比較すると、基本的な考えは同じだと思います。

日本語→英作文

このプロセスは同じです。でも、『You Can Speak』は、より英語を
英語としてとらえるトレーニングをしています。

例えば、「Someone knocked on the door, when I was taking a nap.」
(私が、居眠りをしていたら、誰かがドアをノックした。)

①誰かか、ドアをノックした。→ Someone knocked on the door.
②私が居眠りをしていたとき、→ When I was taking a nap.
③フルセンテンス

このように区切り毎に、英訳していくプロセスになっています。

どのような効果が期待できるのか?

◎英文を頭から理解する
◎語句を変えたり、節を変えたりと応用力がつく
◎英文の基礎構造が理解できる


長い文章を一気に英訳するのは、簡単ではないです。考える時間もかかるし、
その間に日本語がジャマをしたりするので。

短い文章を繋げていけば、パッパと英語が口をついて出てきます。


英作文.net.だと、長い文章を読んで、どれが最初に来て〜〜と
考えてしまう事があるんですよね。


ただ、『You Can Speak』は、中学2年くらいまでの基礎が頭に入ってないと
ちょっと難しいようです。

そこで、『英作文.net.』で、基礎力をつけてから、『You Can Speak』に
進む事をお勧めします。(基礎に不安がある人は)

英作文.net.なら、無料で試験を試せるし、有料でも月3000円で受講できます。
6級を取得すれば、無料で他の試験にチャレンジもできますよ[わーい(嬉しい顔)]

基礎がある程度ついたら、『You Can Speak』に挑戦[るんるん]英語が話したいならYouCanSpeak

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

『高松英語塾』シンプルな学習法で確実に英語力がつく! [お勧めの英語教材]

バーピーです!

日中は、歩くと汗ばむ陽気になってきました[晴れ]

英作文.net.で、中学英語の復習をしているのですが、いいトレーニングになります。
中学2年レベルになると、比較級、最上級、受け身が登場して、瞬間に英語で
表現するのは、以外と手こずります。口が回らないこともあります。

でも、何回も繰り返して練習すると、暗記ではなく、口が動いてくれるように
なるから不思議ですね。口の筋肉が記憶しているみたいです。[わーい(嬉しい顔)]

語学は、耳で聞いて、口で喋るのが基本ですが、喋ることは、
自分の耳でも聞いている(聞こえている)ので、スピーキングと
ヒアリングの両方が上達します。

テープを一生懸命聞いていても、口にだして発音しなければ、
スピーキング力はつきません。

だから、聞き流しの教材では、話せるようにならないのです。



『高松英語塾』の勉強法は、シンプルです!

☆正しい英語の学び方を理解する
☆中学英語をマスターする(40日間)
☆アウトプット


大人に適した勉強法で学ぶ→英語の基礎をマスターする→口に出してトレーニングする


学習は、シンプルな方が、学びやすくて続けやすいです。

読んでみると、簡単な文章でも、口にだして言うと必ずしも
簡単ではないですね。この簡単な文章を何度も何度も繰り返して 練習することが、英語上達への近道です。

喋って喋って、口が回らなくなるまで喋る、トレーニングの積み重ねが大切です!


高松英語塾【分割決済】 1日30分。わずか40日間で英語が口から溢れ出す最新速習メソッド





タグ:高松英語塾
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

高周波の英語も聞き取れるようになる!「リスニングパワー」 [お勧めの英語教材]

バーピーです。

言語の周波数の違いって、聞いた事ありますか?

一時、「マジックリスニング」というのが、流行った(?)のですが.....
高周波の音楽が聞きながら、英語を聞き取れるように訓練するのが
目的なのですが、効果はなんとも[ふらふら]

日本語は、低周波数に属して、高い音域でも、英語の低い音域と
重ならないのです。だから、英語の音に関しては、少なからず
ハンデがあると言えますね。

以前、テレビで、日本語を喋れない外国人をつかまえて、
日本語の文章を言ってもらうというのがありました。

レポーターの人が、日本語の文を言って、その通りにマネてもらうのですが、
みな上手に発音しているのには驚きました。


周波数が低いから聞き取りやすいのでしょうかね?
難しい発音もないし.....


モーツアルトの音楽、バリ島の民族音楽などが、高周波数に属するので、
英語のヒアリングをよくするのには役立つそうです。


リスニングパワーは、日本語にはない英語の音を聞き分ける トレーニングで、発音も良くなり、リスニングも向上します。


スコット先生の独自のメソッドで,勉強すれば、

映画が字幕なしで見れる
英語の音が聞き分けられる
英語の思考回路ができる
英語をキレイに発音できる


英語が、聞き取れるようになってくると、楽しくなってきますよ!

スコット先生のメッセージを聞いてみて下さい→
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

瞬間英語で英語脳になれる!『You Can Speak』 [お勧めの英語教材]

バーピーです!

会話は、『スピード』が大切です。

相手が質問したら答える、そしてこちらも相手に質問する.......
キャッチボールに例えられますが、まさに言葉のキャッチボールです。
会話をキャッチして、そのまま考え込んでいたら、相手はシビレをきらして、
勝手に喋り続けるか、諦めて「バーイ!」ということに。

初心者が陥りやすいのは、

☆ミスを恐れる
☆ちゃんとした文章を作ろうとする
☆自信がないから、声が小さくなる

これらは、私が経験したことなのですが[わーい(嬉しい顔)]

ネイティブでも間違える(全米大統領ブッシュさんは、よくミスってました)
単語だけでも通じる
英語は、ややオーバーなくらいの発音が通じる


ミスして当たり前ぐらいに開き直ったほうが良いです[るんるん]


英語ができるようになると、会話にもスピードがでて、ネイティブとの
受け答えもキャッチボールのようにスムーズにはずみます。

英語を聞く→英語のイメージが浮かぶ→英語で話す

このように、母語(日本語)を介さなくても、英語だけで受け答えができるのです。

『You Can Speak』のトレーニングは、
日本語を聞く→瞬時に英語で言う

この一定の時間(瞬時)というのが、ポイントです。
頭の中で、「ええっと、この単語は、日本語では何だっけ?」と
考えている暇を与えないのです。

考えていると、『終了』になってしまいます[ふらふら]

この訓練を重ねていくと、日本語の文を見て、聞いて、頭の中にイメージが浮かび、
瞬時に英語で話す事が可能になるのです。

日本語を介しているので、英訳でしかないのでは?と思うかもしれませんが、
表示された日本文は、あくまでも脳の中でイメージをする為の道具とでも
考えて下さい。

実際に、トレーニングしてみると分かるのですが、日本語で考えている暇は
ありません。英語が頭に浮かんできます。


これは、やってみないと分からないです!

『You Can speak』無料お試しにチャレンジしてみてください!☞英語が話したいならYouCanSpeak

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

リスニングパワー(Listening Power)スコット・ペリー氏とは? [お勧めの英語教材]

パーピーです!

リスニングパワー(Listening Power)、個人的にすごく気になる教材です。

教材の内容もすごく大事ですが、気になるのが、どういう人が
この教材を開発したのかが、興味あるのです。

日本人か、英語との関わり(キャリア)等・・・

スコット・ペリー氏は、ALTとして日本の中学校で英語を教えていたそうですが、
黒人の方が(スコットさんの見た目から判断)、日本で英語を教えるのは
珍しいというか、そう簡単ではないと思うのです。

主人が勤めていた大学でも、アジア系の先生はいたけど、黒人の人はいなかったし、
語学学校でも、黒人は敬遠される(?)とかいう話を聞いた事があります。

そうなると、スコットさんは、珍しいケースなのでしょうね[exclamation&question]
主人も、スコットさん自身がそういう差別をよく知っているから、
そこを乗り越えて成功したんじゃあないかなと言ってます。


その中学校で、1人の女子生徒との出会いが、スコットさんを成功へと
導いたのでしょうね。

英語のスピーチコンテストに出るために、
彼女は一生懸命英語を勉強していたのです。

それをスコットさんが手伝ってあげたそうです。

その事がきっかけで、
『どうしたら日本人の英語の発音を改善することができるのか』と真剣に取り組んできたのです。

25年間に渡り2,000人以上の日本人の発音矯正を指導して、バイリンガル並みに育て、
ハリウッド映画に出演する有名芸能人も、彼の指導を受けています。

真田広之もその1人で、流暢に喋っているのを聞いたことがあります。
これも、スコットさんのおかげだったんですね!


リスニングパワー(Listening Power)がすごいのは、
スコットさんが、日本人の英語の弱点(発音/ヒアリング)を良く知り尽くしてして、
開発されている教材だという点です。



〜なぜ、英語が聞き取れないのか?〜

4歳くらいまでは、すべての音が聞き取れるそうです。[耳]スゴイですね!
でも、残念なことに、その時期を過ぎると、日本語以外の他の原語を聞くと、 無意識に日本語の似てる音に置き換えてしまうのです。

正確に音を識別できるヒアリング能力が衰退してしまうのですね[もうやだ~(悲しい顔)]


でも、2週間、繰り返してリスニングパワーを聞くと、子供の頃から眠っていた
ヒアリング能力が目覚めるのです。全く失われてしまったわけではないのですね!

つまり、正しいトレーニングをすれば、いくつになっても英語のヒアリングを 向上させて、キレイな発音もマスターできるってことなんだ!


ネイティブ並みとはいかなくても、正しい発音はマスターしたいですね[るんるん]


『リスニングパワー』を実践した人達のキレイな発音を聞いてみて下さい!
あの中学生だった女性も登場しています。→
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

『You Can speak』Dr.木下はただ者ではない! [お勧めの英語教材]

バーピーです!

『You Can speak』の開発者、Dr.木下って、すごい人です[わーい(嬉しい顔)]

経歴を見ると、
小6〜中1で、独学で英語をマスター
☆中3通訳の訓練をする
高1から通訳開始
☆大学3年生の時、アメリカ映画”Who cares”の主役に抜擢
☆アメリカの大学院に進学
☆永住権を獲得して帰国
☆逐次、同時通訳/通訳学校で教鞭
☆英会話学校経営
☆英語の著書多数

この他にもまだあるのですが、だいたいの経歴です。

驚くべきは、11〜12歳 で独学で英語をマスターしたという事です。

Dr.木下は、60代だと思いますが、その当時は今に比べたら
英語の教材は少なく、ましてやネットはなかったはずですから、
恵まれた環境とは言えないと思うのです。

どういう風にマスターしたかは、
経歴には書いてないので分からないけど、
テレビやラジオ講座で学習したのでしょうか?

それにしてもスゴイです!


語学習得のターニングポイントは12歳前後
言われています。
それまでの年齢なら、 母語と同じように外国語も習得できるのです。

この事実を、Dr.木下は知っていたのでしょうかね?(その当時に)


12歳を過ぎると、英語は外国語として認識されて、外国に住んだとしても
それだけでは喋れるようにはならないそうです。


子供の時だけの特権というか、特殊な才能なんですね!


ここで、私の場合を例にあげると、
いくら英語を話す人(主人)と暮らしているからといって、
それだけで英語がペラペラになる事はないのです。

言い訳のように聞こえるかもしれませんが、
環境は恵まれていますよ、
でも、自分で努力しないとダメなのです。

子供がいたとしたら(仮定です。実際はいないので。)、主人の英語と
私の日本語で、バイリンガルに育っていたでしょうね[るんるん]


Dr.木下の『You Can speak』は、英語の基礎をマスターすることで、
どんな場面にでも応用がきく英語力が身につくようにプログラムされています。

日本語→英語

このプロセスを瞬時に行うのがポイントです。
つまり、スピードです!
この訓練を繰り返して行えば、英語の基礎回路ができます。

日本語を介しているので、英語を英語で捉えていないのでは疑問に
思う人もいるでしょうね?

私も、最初は疑問に感じたのです。でも、やってみると分かるのですが、
繰り返していくうちに、 日本語の意味しているモノがイメージ化されて、 そのイメージが英語に変換されるという感じになるのです。


イメージ化されるには、考えている時間があってはダメなので、
スピードが大切です!

これは体験してみれば、「ああ、なるほど!」と納得できますよ!

『You Can speak』のスピード(無料お試し)にチャレンジしてみてください!☞英語が話したいならYouCanSpeak

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
お勧めの英語教材 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます